安全なキャットフードの選び方とは?おすすめのキャットフード3選!

「もしもキャットフードで猫ちゃんの体調が悪くなってしまったらどうしよう。」

毎日大事に可愛がっている猫ちゃんがキャットフードを食べて体に不調が現れてしまったら、とても悲しいですよね。

「できれば安全なキャットフードを食べてずっと元気でいてもらいたい。」

そう願っている飼い主さんも多いと思います。

ここではどういうキャットフードを選ぶと安全なのか、安全性が高いおすすめのキャットフードはどれなのかをご紹介していきますね。

キャットフードが安全なのかどうか気になる飼い主さんは注目です!

安全なキャットフードの見分け方は?

猫

まずは安全なキャットフードの見分け方から見ていきましょう。

キャットフードが安全かどうかを確かめるために、以下のことをチェックしてみてくださいね。

無添加かどうか

安全なキャットフードかどうか見分けるための1つ目のポイントは、無添加かどうかという点です。

キャットフードには、無添加のものと添加物が含まれているものがあります。

中には猫ちゃんに害を及ぼす危険な添加物が含まれているキャットフードもあるので、安全性が気になる場合は無添加のキャットフードを選びみましょう。

グレインフリー(穀物不使用)かどうか

安全なキャットフードかどうか見分ける2つ目のポイントは、グレンフリー(穀物不使用)かどうかです。

猫は元々肉食動物なので、穀物などの食物繊維を消化するのが苦手です。

もし消化不良を起こしてしまったら、猫ちゃんの健康状態が心配になってしまいますよね。

キャットフードにはグレインフリー(穀物不使用)のものがあるので、消化不良を起こさないか心配な方はグレインフリーのキャットフードを選んでみてください。

キャットフードに使われている原材料

キャットフードが安全かどうかを見分けるためには、キャットフードに使われている原材料にも注目してみましょう。

危険な原材料が使われていないことが分かれば、猫ちゃんにも安心してご飯を食べさせていくことができますよ。

キャットフードに含まれる危険な添加物に注意!

では、キャットフードに含まれていると危険な添加物にはどのようなものがあるのか見ていってみましょう。

酸化防止剤

キャットフードに使用されている酸化防止剤には、エトキシキンなどがあります。

エトキシキンは毒性が強く、がんやアレルギー皮膚炎、その他にも猫ちゃんの体へさまざまな害を与えてしまう危険があります。

ですから酸化防止剤が含まれていないキャットフードを選ぶことで、猫ちゃんを苦しめてしまう心配をせずにご飯を与えることができますよ。

合成着色料

キャットフードに合成着色料が含まれていると、それを食べた猫ちゃんは体重の減少や成長スピードの低下、または食欲の低下など、成長を邪魔してしまうリスクが出てきます。

子猫から成猫に向けてどんどん成長していくはずが、キャットフードでその成長を妨げてしまっていたということにならないためにも、合成着色料は使われていないものを選びましょう。

人工香料

キャットフードに人工香料などが入っていると、猫ちゃんの発がん性を高めてしまったり、体が健康な状態ではなくなってしまう危険があります。

猫ちゃんに長生きをしてもらいたいのに、知らないうちにキャットフードが原因で寿命が縮まってしまっていたら、後ですごく後悔してしまうと思います。

キャットフードを選ぶ時には、人工香料が含まれていないかどうかもきちんと確認をしながら選んでみてください。

キャットフードに含まれる危険な材料に注意!

キャットフードには、危険な材料が含まれている場合もあります。

その危険な材料は以下のとおりです。

肉副産物

肉副産物とは、肉以外の目や骨など、普通なら廃棄されてしまう部分のことを言います。

人間はもちろん、それらの肉副産物が猫ちゃんの体に良いとも思えませんよね。

猫ちゃんの体調が悪くなってしまわないためにも、肉副産物が含まれたキャットフードは選ばないように気を付けましょう。

4Dミール

4Dミールとは、

  • Dead⇒もう既に死んでいる動物
  • Dying⇒死にかけている状態の動物
  • Diseased⇒病気持ちの動物
  • Disabled⇒障害持ちの動物

これら4つのことを言います。

この4Dミートが含まれた食べ物が人間用として売られることはありませんが、猫ちゃん用のキャットフードとして使用されていることがあるのです。

「もしかしたら病気を持った動物のお肉が、大事な猫ちゃんの餌に使われているかもしれない。」

そう考えただけで、猫ちゃんにはもうその餌をあげたくなくなってしまいますよね。

4Dミールが含まれていないキャットフードを選ぶと、猫ちゃんの食事を安心して見守っていくことができますよ。

おすすめの安全なキャットフード3選!

上記では、キャットフードに潜んでいる危険性についてお伝えしてきました。

果たしてこれらをクリアしているキャットフードはあるのでしょうか?

おすすめの安全なキャットフードを3つほど、これからご紹介していきますね。

モグニャンキャットフード

1つ目におすすめしたい安全なキャットフードは、モグニャンです。

内容量 1袋 1.5kg
価格 3,564円(税抜)
添加物 無添加(着色料・香料)
グレイン(穀物) 不使用
原材料 白身魚・サツマイモ・エンドウ豆・サーモンオイル・ひよこ豆・レンズ豆・ヒマワリオイル・フィッシュスープ・ミネラル類・ビタミン類・ビール酵母・オリーブオイル・アマニ・アルファルファ・バナナ・リンゴ・クランベリー・カボチャ・セイヨウタンポポ
栄養成分 たんぱく質・脂質・水分 など

モグニャンは、無添加で穀物不使用の安全なキャットフード。

また、香りや味わいを追求して開発されたので、猫の食いつきが良いフードとなっていますよ。

その食いつきの良さは、試食会で93.9%が「継続したい」と回答するほどです。

キャットフードの安全性が心配な飼い主さんや、普段から猫ちゃんのご飯の食いつきが良くないと悩んでいる飼い主さんには、モグニャンキャットフードがおすすめですよ!

カナガンキャットフード

2つ目におすすめしたい安全なキャットフードは、カナガンキャットフードです。

内容量 1袋 1.5kg
価格 3,564円(税抜)
添加物 人口添加物不使用
グレイン(穀物) 不使用
原材料 骨抜きチキン生肉・乾燥チキン・サツマイモ・エンドウ豆・ジャガイモ・エンドウタンパク・アルファルファ・鶏脂・乾燥全卵・チキングレイビー・サーモンオイル・ミネラル類・ビタミン類・グルコサミン・メチルスルフォニルメタン(MSM)・リンゴ・ニンジン・ホウレンソウ・オオバコ・海藻・フラクトオリゴ糖・コンドロイチン・カモミール・セイヨウハッカ・マリーゴールド・クランベリー・アニスの実・コロハ
栄養成分 たんぱく質・脂質・水分・マグネシウム・カルシウム・カリウム など

カナガンキャットフードは人口添加物を使用しておらず、穀物も不使用の安全なキャットフードです。

また、チキンがメインになっているので、元々は肉食動物の猫ちゃんもきっと喜んでくれることでしょう。

それに栄養バランスを考えて作られているから栄養の偏りを心配する必要もありません。

たんぱく質だけでなく、その他にも猫ちゃんに必要なビタミンやミネラルをしっかりと摂取させてあげたい方には、カナガンキャットフードがおすすめです。

シンプリーキャットフード

3つ目におすすめしたいキャットフードは、シンプリーキャットフードです。

内容量 1袋 1.5kg
価格 3,564円(税抜)
添加物 人口添加物不使用(人口調味料・着色料・香料)
グレイン(穀物) 不使用
原材料 骨抜き生サーモン・サツマイモ・乾燥ニシン・乾燥サーモン・ジャガイモ・サーモンオイル・乾燥白身魚・生マス・サーモンスープ・ミネラル類・ビタミン類・アルファルファ・クランベリー・タウリン・マンナンオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・リンゴ・ニンジン・ホウレンソウ・海藻・カモミール・セイヨウハッカ・マリーゴールド・アニスの実・コロハ
栄養成分 たんぱく質・脂質・水分・マグネシウム・カルシウム・カリウム など

シンプリーも人口添加物などや穀物を使用していない安全なキャットフードとなっています。

また、全世界で累計100万袋を突破し、さらに英国王室エリザベス女王から表彰されたこともある実績の高いキャットフードです。

シンプリーはサーモン・ニシン・マスなどの魚類をメインに使用しているので、猫ちゃんが豊富なたんぱく質を摂取することができますよ。

高品質で高たんぱく質のご飯を食べ、猫ちゃんの成長を見守っていきたい飼い主さんにはシンプリーキャットフードがおすすめです。

キャットフードでお困りの方は、下記サイトもご覧ください。

>>【にゃんて飯だ】キャットフードがこんなに美味かったにゃんて!

まとめ

ここまでキャットフードは安全なのかどうかについてお伝えしてきました。

キャットフードの中には、危険な添加物や材料が含まれているものがあるようですね。

家族の一員である猫ちゃんには、やはり安全なキャットフードを与えていきたいと思っている飼い主さんは多いと思います。

安全なキャットフードを選び、大切な猫ちゃんを長生きさせてあげましょう。