安全で安いキャットフードはどれ?愛猫の健康維持に最適な商品とは

安いキャットフードの安全性が問題視されることは珍しくありません。

そこで安くても安全なキャットフードを探すとなった時、一体どのキャットフードを選べば良いのかというのはなかなか分からないものですよね。

なるべく安さだけでなく安全性も重視したいと考えている飼い主さんはきっと多いと思います。

今回はそうした愛猫を大事に育てている飼い主さんに向けて、安くて安全なおすすめのキャットフードをご紹介していきますね。

望む条件をすべてクリアしたキャットフードを見つけ、愛猫の健康を見守っていってあげましょう。

安いだけでなく安全性にも優れた猫に優しいキャットフードとは

それではまず、安くて安全なキャットフードの見分け方からご説明していきます。

安さだけでなく安全性を重視するとなった時にどのような点に注意すればいいか分からない方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ドライタイプはウェットタイプよりも価格が安い

キャットフードには固さが柔らかいウェットタイプのものと固さが固いドライタイプのものとがあります。

そしてこの2つを価格で比べてみると、全体的にウェットタイプの方が価格が高い傾向にあることが分かります。

そのため安さで選ぶならウェットタイプではなく、ドライタイプのキャットフードを選ぶようにしましょう。

メイン食材として肉や魚が使用されている

次はキャットフードの安全性を重視する時に注目しておきたいポイントです。

安全なキャットフードを選ぶ時は、メイン食材が肉や魚などになっているかを確認しておきましょう。

なぜなら穀物が主原料となっているキャットフードは、猫が消化不良を起こしてしまう危険があるからです。

ですからできるだけ米やトウモロコシなどの穀物類が含まれていないキャットフードを選んでみてくださいね。

その他にも植物性タンパク質を主原料として使ったキャットフードには猫の体に必要なタウリンが含まれておらず、猫の健康状態が不安定になってしまう場合があります。

猫の体を元気に保っていくためにも、肉や魚などを使用した動物性タンパク質が豊富なキャットフードを選んでみましょう。

危険な原材料や添加物が使用されていない

安全なキャットフードを選ぶには、主原料以外にも危険な原材料が含まれていないかチェックしておかなければいけません。

安いキャットフードを選ぼうとすると、安全性に問題が出てきてしまう原材料や添加物が使用されている可能性が高まってしまうからです。

その中には

  • 肉副産物
  • ミートミール
  • 人口添加物(合成香料・合成着色料・合成保存料)
  • BHA・BHT

などがあります。

肉副産物やミートミールには、もう既に死んでしまっていた動物の肉や、病気で亡くなった動物の肉が含まれている可能性があり、愛猫に与えるのはあまりおすすめできません。

また、人口添加物の中にも愛猫の体へ害を与えるものが潜んでいることがあります。

安いからと言ってそうした危険なキャットフードを選んでしまわないように気を付けることもキャットフード選びでは大事なポイントとなってきますよ。

安全!それなのに安い!愛猫に食べさせておきたいキャットフード

ここからは安くて安全なキャットフードを3つご紹介していきます。

安くてもちゃんと安全に食べられるキャットフードを探していた方には、以下のようなキャットフードがおすすめですよ。

ファインペッツ

価格 通常購入3,704円

初回購入1,000円

主原料 アヒル肉・ニシン肉
フードの固さ ドライタイプ
原産国 オランダ

ファインペッツはアヒル肉やニシン肉を主原料として使っているキャットフード。

これらの原材料はどちらもアレルギー反応を起こしてしまう可能性が低く、安全性が高いキャットフードとなっていますよ。

また、初回限定ではあるものの1,000円でお試しすることができます。

安全な食品へのこだわりが強いオランダで作られているので、製造をする時の品質管理もバッチリです。

安くて安全なキャットフードを求めている方には一番におすすめしたい商品です。

モグニャンキャットフード

価格 通常購入3,960円

初回購入1,980円

主原料 白身魚
フードの固さ ドライタイプ
原産国 イギリス

モグニャンキャットフードでは、主原料に白身魚が使用されています。

香りの強い白身魚は魚好きの猫にとってたまらない匂いとなっていて、食いつきが良くなることも期待できます。

さらに魚を多く使っている分、高タンパク質で低脂肪なキャットフードに仕上がっていますよ。

危険な原材料や添加物をできるだけ省いて作られているので安全性を心配する必要もありません。

普段から小食気味で食いつきが悪い猫へ特におすすめの商品です。

カナガンキャットフード

価格 通常購入3,960円

定期購入3,564円

主原料 チキン
フードの固さ ドライタイプ
原産国 イギリス

カナガンキャットフードも上記でご紹介した2商品と同様に、危険な原材料や添加物が一切使用されていないキャットフードとなっています。

さらに購入金額に応じて、最大20%まで割り引いてもらうことができますよ。

定期購入に限っては、何度でも毎回10%OFF~20%OFFの価格で入手することができてしまいます。

そのためコスパもすごく良いので安さと安全性の両方を兼ね備えたキャットフードと言えるでしょう。

あなたもカナガンキャットフードで愛猫の健康をサポートしてあげてみてくださいね。

安いけど安全性は低い?キャットフードを選ぶ時の注意点

冒頭でもお伝えしたように、安いキャットフードを選ぶと安全性が低いキャットフードを選んでしまう確率が非常に高くなります。

中には1kgで400円というキャットフードもありますから、そういったキャットフードは注意しなければいけません。

では、そのようなキャットフードを選んでしまわないようにこれから注意点をいくつかお話していきますね。

危険な原材料が含まれたキャットフードに注意

安いキャットフードには、次のような原材料が使用されることがあります。

動物性油脂 フードを形成するために使われる。

病気で亡くなった動物の油が使用されていることもある。

ミートミール 品質の悪い粗悪な肉を使用していることがある。
家禽ミール 品質の悪い粗悪な肉を使用していることがある。
穀物 穀物の消化を苦手とする猫が消化機能の低下によって消化不良を起こしてしまいやすい。

下痢・嘔吐・高血糖を引き起こしてしまう可能性も。

どれも猫の体に良いと言えるものではなく、こうしたキャットフードを与えていれば飼い主さんも心配や不安がどんどん募っていってしまうことでしょう。

特に穀物は猫が体調を崩してしまう大きな原因となりやすいので、気を付ける必要があります。

危険な添加物が使用されているキャットフードに注意

気を付けなければいけないのは原材料だけではありません。

以下のような添加物が使われていても、猫の健康状態が失われてしまいやすくなります。

エトキシキン 毒性が強い。

猫の体にも有害。

BHA・BHT

 

発がん性があり、猫が摂取すると危険。
没食子酸プロビル 肝臓がダメージを受けてしまいやすくなる。
着色料(赤色102号、赤色40号、青色2号) 発がん性のリスクが上がってしまう。

与えるキャットフードを間違えてしまったせいで愛猫が病気にかかり、寿命が縮まってしまったとしたら飼い主さんはとても悲しい気持ちになってしまうことだと思います。

しかし逆に考えると、このような添加物が使用されていないキャットフードを選べば愛猫の長生きへつなげることができますよ。

値段が安いからといって、価格だけに偏ってしまわないよう注意しましょう。

まとめ

安くて安全なキャットフードを選ぶには、使われている原材料や添加物にも目を光らせておかなければなりません。

今回ご紹介した安くて安全なキャットフードの特徴なども踏まえ、愛猫に最適なキャットフードを選んであげてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です